起業支援・補助金・融資について

シトラスベルでは創業支援にも力をいれております。

会社を設立する時は多くの届け出や申請が必要になります。
創業当初は本業に集中しなければならないのに税務署に行ったり法務局にいったり時間と手間がかかってしまいます。

会社を何度も設立されているかたであればいろいろ知っていることもあるでしょうが、ほとんどの人は会社設立の経験は1回未満でしょう。そんなときに頼りになるのは専門家のサポートです。

シトラスベルでは関係各所への届け出・申請だけではなく資金調達や補助金、助成金の獲得もお手伝いさせて頂きます。

起業家のみなさんはその事業の強みはあっても創業に関しては聞きかじりの知識がほとんどです。
手続きは面倒で手間がかかるものですのでスタート直後は後回しにしてしまい青色申告の届け出をしていなかった…など、あとから後悔しても取り返せないことが多いので創業したのちは単なる手続きでつまずくことの無いように適切なアドバイスや代行をいたします。

創業支援サポートとして融資支援がございます。

創業した直後は当然ながら決算書がありませんので通常の融資はほぼ無理です(法人成りを除く)。しかし創業融資は決算書がなくともきちんとした事業計画があれば受けることが可能です。

金融機関は資金ショートしてからでは貸してくれません。

まずは新規創業時に一定額を借りておきなにかあったときのためにとっておいたり、レバレッジをかけて売上をあげていくための資金としてうまく利用したりしていくことをおすすめしています。

シトラスベルは経営革新等支援機関ですので創業時に必要な資金調達の支援が可能です。

会社の設立にしても確定申告にしても本来はご自身でおこなうことができますし、本来であれば自分ですべてできるようになるべきではあります。

しかし専門外のことは調べる時間が必要です。
調べることができたとしてもそれが正解なのか不安も多いです。税務調査で指摘されればペナルティもあります。

シトラスベルのサポート内容は確定申告だけではありません。円滑に事業活動が進むようにアドバイスさせていただきます。

また、起業してから1年間でもっとも多い相談は運転資金です。

個人事業としてすでにスタートをされているかたはともかく新規ではじめるかたは計画はすばらしいものであってもすぐ売上があがり現金化するわけでもありません。

とにかく最初はがむしゃらに営業や社長でなければできない仕事をして売上をあげなければいけません。
手持ち資金がどんどんなくなるプレッシャーは起業家でないとなかなかわからないことかもしれません。
そのようなときに手間がかかり面倒な作業をすることはするべきではないのでシトラスベルにおまかせいただきたく思います。