税務調査は拒否できるの?

2020年11月26日

税務調査は拒否できるの?

本日も東京都大田区蒲田にあるシトラスベル税理士事務所より税務調査の解説をさせていただきます。今回は税務調査は拒否できるか?赤字の会社でも税務調査はあるの?家族や従業員も税務調査に参加するの?お土産ってきいたことがあるけどなに?といったテーマから解説をさせていただきます。
赤字の会社がなぜ税務調査になるかといった具体例から従業員への質問の具体例まで詳細に説明しております。

税務調査は拒否できるの??

税務調査官には質問検査権があるため、税務調査を拒否することはできません。税務署から税務調査に入りたいという連絡を受けると誰もがドキッとするものです。たとえ後ろめたいところがなかったとしても、一体何で税務調査の対象に選ばれたのだろう、何を指摘されるのだろうか、取引先の信用を失わないだろうか、などとあれこれ悩んでしまうものです。
また、実際に税務調査を受けている2・3日の間は本業にも支障をきたします。

このように精神的にも経済的にも大きなストレスをきたす税務調査ですが、税務調査官には質問検査権が与えられているため、これを拒否することはできません。

この質問検査権を拒否した場合には、罰則も規定されています。
社長が入院中といった特殊事情があれば税務調査が延期または中止されともありますが、「仕事が忙しいから」程度の理由では税務署を納得させることはできません。

また、税務調査を拒否しても納税者にとっては何の得にもなりません。見られてはまずいものでもあるのだろうかという不信感を抱かせ、より厳しい調査を招くだけです。調査に入りたい旨の連絡を受けたときは、どう対応するかを考えるべきです。

このように税務調査そのものからは逃げることができないのですが、指定された日時の都合が悪いときは日程の変更を申し出て一向にかまいません。延期については調査拒否にあたりません。

顧問税理士がいる場合は税務代理権限証書を提出しているはずですので税務調査の連絡は税理士宛にいきますので問題ありません。しかし顧問税理士がいない場合で税理士の立会いを求めるときは税理士との日程調整も必要になりますし、調査の作業場所も確保しなければなりません。電話連絡を受けたときは、その場で即答せず「折り返しこちらから連絡する」と伝えてください。「いついつから3日間の予定で調査に入りたい」というような電話を受けると断れないと思いがちですが、常識的な範囲(2週間程度)であれば調査の先延ばしは可能です。

総勘定元帳を中心に、請求書・領収書・注文書などをその間にしっかりと整理しておきましょう。税務調査までに確認しておくことを参考にしてみてください。誤解を招きがちなメモ書き、付箋がそのままになっていないかも要チェックです。

また税務調査中は何でも調査官の言いなりというわけではありません。税理士がついている場合はあまりありませんが、特に新人の税務長官は断りなくおこなうことがありますが納税者の承諾がなければ勝手に机の引出しを開けたり棚の中を見たりすることはできないのです。

赤字会社にも税務調査は来るの?

赤字会社にも税務調査は入りますが、黒字会社ほど入る確率は高くありません。税務調査が行われる理由の一つに、黒字の会社は税金を抑えたいという思惑がでることを税務調査官は統計上知っています。

黒字会社の場合は、売上計上もれ等が見つかれば追徴課税ができますから、優先的に調査対象に選ばれます。赤字会社の場合は誤りが見つかったとしても赤字が減るだけで納税を伴わないことが多いため、税務調査は来ないと考える人が多いようです。

しかし黒字会社と比べると確率は低いのですが、赤字会社にも税務調査は来ます。
今や赤字会社は全法人の70%を占める多さです。赤字というだけで調査対象から外すわけにはいきません。不正な会計によって赤字としている会社もありますし単に赤字というだけでは適正な申告をしているか税務署はわかりません。

また、たとえ赤字でも発生する税目(消費税、源泉所得税、印紙税)があります。こうした税目や使途秘匿金の有無、会社と役員の取引などが税務調査では狙われます。契約書等に印紙忘れはないか、消印してあるかくらいは事前に確認しておきましょう。

ちなみに、そもそもなぜ7割もの赤字会社が存続しているのでしょうか?毎期赤字が続いていればとっくに倒産しているはずです。

その理由の1つに、役員報酬を適正額よりも高く設定しているということがあります。当然お金が足りないですから実際には役員報酬を満額支給できません。仕入や外注費などの支払いを優先したあとで、前年の決算をみてもしお金があまったらその範囲内で役員報酬を設定するのです。

このあたりの事情は銀行もよくわかっていて融資の審査をする際にも大減点にはなりません決算書上は高額な役員報酬を計上して赤字になっていても、実際にその通りに支払っているわけではないから、会社にお金は残っている。これが赤字会社存続のからくりの1つです。

こういう会社になると、赤字を偽装しているようにも思えますが、税務署にしてみると役員報酬から相応の源泉所得税を徴収できるため、法人税ではなく所得税から税金を徴収できますので税目が変わっているだけで脱税というレベルには達しないという判断なのでしょう。

家族や従業員にも質問されるの?

家族や従業員にも質問されるの?

はい。現場にいると質問されることもあります。税務調査官の周りをうろうろしていたらついでに質問されるかもしれません。質問されたくない人や余計なことまでしゃべりそうな人は席を外していれば大丈夫です。税務調査の受任義務者は基本的には納税者本人ですから、悪質な場合でないかぎりわざわざ家族や従業員が呼び出しを受けて質問されるということは考えられません。

従業員に質問する理由の1つは、架空の人物や既に退職した人物に人件費を計上していないかどうか確認するためです。外国人労働者や社会保険料を天引きされていない人物が実在を怪しまれます。

税務調査官「Aさんはどこにいらっしゃいますか?」
従業員「彼は3年前に退職しましたが…」また、社長の個人的支出がまぎれこんでいないかどうかのウラを取る狙いもあります。

交際費の元帳摘要にある特定の人物がひんぱんに登場する場合に
税務調査官「この方と会社とはどんなご関係ですか?」
従業員「ああ、その人なら社長の遊び友達ですよ。仕事にはまったく関係ありませんよ」
というの会話もありえます。

家族に質問する理由としては、家族に対する給料が適正水準かどうか確認することが考えられます。同じ仕事を他人にやらせた場合にいくら支払うかが適正な給料の目安です。
奥さんに毎月100万円の専従者給与を支払っているときに、
税務調査官「奥さんの仕事内容を教えてください」
奥さん「来客にお茶を出すだけです」では過大給与になってしまいます。100万円という給与に見合う仕事をしていないということが明らかという判断をされます。

また、専従者給与に関しては、金額のみならず、そもそも専従者にあたるかどうかが問題になることがあります。この場合は実態確認の質問が行われて不思議ではありません。
たとえば、夫が歯科医として開業していて、妻が窓口事務を行っている場合などは、妻を専従者として専従者給与を支払うことには問題がありませんし実務上はかなりの高額給与まで認められています。

一方で、夫が司会業として各地の冠婚葬祭場などを回っていて、ピアノ演奏者の妻を専従者として申告した場合などは、妻は専従者に該当せず、事業主として自ら確定申告をすべき(夫から受領した金銭は、給与ではなく事業収入である)と指摘されることがあります。

事業の主宰者は誰なのかがポイントになります。個人単位の課税というのが、所得税法の大原則なのです。

税務調査のお土産??

お土産は必要ありません。「お土産」というのは、あらかじめ見つけやすいような問題点を作っておいて、税務調査官に首尾よく見つけてもらい、税務調査を短時間で切り上げさせようとすることです。金銭や品物を渡すという意味ではありません。
人間の心理として税務調査にはいって指摘事項0ということは見方をかえればさぼっていたんじゃないかと思われてしまうから、なにか少しでもみつけなければという税務調査官の心理をソンタクしてわざと問題点をつくって成果をお土産として残しておくことを指します。

税務調査も人と人との関係ですから、税務調査官によい印象をもってもらうことは大切なことです。調査に来てもらった以上、手ぶらでお帰しするのは失礼にあたるのではないかという日本人的な発想があるのかもしれません。しかしこのお土産は必要ないと思います。

申告がきちんとしていれば、どんなにつついても指摘事項は出てこないものです。
そもそも調査官がお土産に気付かなかったら意味がありませんし、お土産を用意したことで他の問題点が見過ごされるわけでもありません。

日頃きちんとした経理処理をしていれば、何事もなく税務調査は終わるのだという認識を持つべきでしょう。きちんとした帳簿をつけて領収書類の保存状態もよい会社の場合では、当初3日間の予定の税務調査が、2日間で何事もなく終了することはよくあることです。

税務調査官にお土産を持たせると調査が甘くなる、早く終わると考える人が多いのは、調査官にはノルマがあって、そのノルマを達成しないと税務署内で出世できないと思われているためです。
そこでお土産を用意しておけば調査が早く終わるという考え方が出てくるわけです。

しかし見え透いた小細工を労すると、何かもっと大きな問題点があってから目をそらさせようとしているのではないかなどと疑いをかけられるかもしれません。


JR蒲田駅、東急池上線・多摩川線の蒲田駅、京急蒲田駅に近いシトラスベル税理士事務所では税務相談のご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

シトラスベル税理士事務所は東京都大田区蒲田にある税理士事務所ですがご要望があれば全国出張いたします、特に仮想通貨等の税務調査はもっとも得意としております。
仮想通貨のサイトは大見税理士事務所となります。